Loading...
Japanese
Gaming Standards Association
社長

 

Peter W. DeRaedt氏は、1998年に始まった世界のゲーミングスタンダード運動の後押しを常に行っていた。1998年5月から2002年10月までGSA取締役会の初代会長を務めたDeRaedt氏は、取締役会を辞退し現在に至るまで社長を務め続けている。

彼のリーダーシップの下でGSAと業界全体のスタンダード構想、開発、実施が大きく前進している。GSAの受賞歴のあるスタンダードは世界中のオペレーター、レギュレーター、サプライヤーに使用されており、世界的に認められた新イニシアティブの「オンラインゲーミングコミッティー」がこの重要な領域でスタンダードの前進を促している。DeRaedt氏は積極的にステークホルダーの参加を推進している。業界と政策機関のグローバルな協力を促し、ユニークな営業課題の解決により相互利益を生み出すことを目指している。

 

DeRaedt氏の職歴は1986年のベルギーにおけるTCS社のシステムマネジャー・ゼネラルマネージャーから始まった。1997年にシドニーのAristocrat Technologiesに入社し、技術担当バイスプレジデントとしてアリゾナ州ツーソンで研究開発センターの設立の責任を担っていた。2001年には、彼がモナコにあるMIS GroupのIP・製品開発担当バイスプレジデントに就任した。現在はGSAの社長を務めている。

 

DeRaedt氏はベルギーのアントワープ大学で電気工事の単位を修得し優等で卒業し、南アフリカで経営管理のディプロマも修得した。GSAとゲーミング業界以外に、ネバダ州ラスベガス校(UNLV)のインフォーマティクス委員会とCEM Magazineの編集委員会に参加している。